チークの上手な入れ方

こんにちわ~。

今日はチークを上手に入れる方法をお伝えしますね。

まず、チークは、あまり高いものでなくても大丈夫です。

コツはどのように付けるかですが、チークは入れた部分を

高く見せる効果があるので、鼻が大きい人は目立たなく

させることが出来ます。

なので、付ける場所は頬骨の当たりなんですが、

頬骨の周りよりも、その周辺。

笑ったときに皮膚が盛り上がる当たりに、軽いL字になる感じで

付けるのがコツになります。

チークを綺麗に入れた状態で笑うと、笑顔が映えますよ。

頬骨にチークを入れる人も多いんですが、

これだと、笑ったときにいかにもメイク顔という感じに

なってしまうので、必ず頬骨の周りに付けるように

しましょう。

具体的には、頬骨と顔の輪郭の間から、頬骨の下のラインです。

この当たりに、ふわっとした感じでチークを入れれば、

顔がかなり映えますので、オススメです!

というわけで、今日のワンポイント。

「チークは頬骨の周りに、自然に入れる」

でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>